24日に行われたUAEプロリーグ第10節のアル・イティハド・カルバ対アル・アインで、塩谷司がスゴいゴールを決めた。

アル・アインは41分にマルクス・ベリのゴールで先制するも、後半に入ってトミー・トバルに1点を返されてしまう。

なかなかリードを奪えずに苦しい展開が続くも、試合終了間際の89分にフリーキックからのボールを受けた塩谷司がこのシュート!

まるで往年のポール・スコールズのようなとんでもないボレーシュートだ…そういえば森保一監督は彼をチェックしているだろうか?