『The SUN』は28日、「ズラタン・イブラヒモヴィッチのそっくりさんがドイツのバスケットボールチームにいたと話題になっている」と報じた。

スウェーデンの「生ける伝説」となっているイブラヒモヴィッチ。イタリア、スペイン、イングランド、フランス、そして現在はアメリカでその実力を見せつけている。

そして、その彼とそっくりな容姿を持っているとして話題になっているのが、バイエルン・ミュンヘンのバスケットボールチームに所属しているボスニア・ヘルツェゴビナ代表選手ニハド・ジェドヴィッチ。

彼はこのところ髪を伸ばしているそうであるが、このため「イブラヒモヴィッチのそっくりさん」として有名になってきたという。

ニハド・ジェドヴィッチ

「イブラヒモヴィッチはバルカン、ユーゴスラヴィアの血を引いているから、人々は僕の中に彼の何かを見ているんだろうね。

今僕は髪を伸ばしているから、毎日InstagramやTwitterにはその話が投稿されるよ。毎日毎日ね。

夏にはパリに3日間いたんだけど、街を歩いていると皆が僕を呼び止めて写真を撮ろうとしてきたよ。信じられなかった」

確かにそっくりだ…。インタビューの中には『I am not Zlatan』というコラ画像も。イブラヒモヴィッチの自叙伝『I am Zlatan』に引っ掛けたネタだ。

なお、ジェドヴィッチは現在28歳でイブラよりも9歳若い。身長は198cmであるため、彼の方がかなり大柄だ。

ちなみにジェドヴィッチは2007~2012年にバルセロナのバスケットボールチームに所属していたものの、彼がヴィルトゥス・ローマに貸し出されていたため、イブラヒモヴィッチとは残念ながら重なっていない。