『Daily Mail』は28日、「リヴァプールのDFアンディ・ロバートソンは、ネイマールにはイライラさせられたと話した」と報じた。

先日行われたPSGとのUEFAチャンピオンズリーグで1-2と敗れてしまったリヴァプール。しかしクロップ監督は相手の時間稼ぎを批判し、態度が悪いと指摘していた。

サイドバックとして先発出場していたロバートソンも以下のように話し、ネイマールとのプレーは難しかったと語ったという。

アンディ・ロバートソン

「彼ら(PSG)が主導権を握っていた。そして彼らは時間を浪費していたように見えるね。

スポーツマンシップを見せることもできれば、演技をすることだってできるものだ。

彼らがどれくらいの時間を無駄に浪費したか知りたいね。イライラしたよ。

ただ、PSGを相手に戦うとなれば、こういうことは起こるものだろうね。特にネイマールと対戦するならば。我々は今夜、それを全く対処できなかった。

彼がいつものように倒れるたびにイライラしたよ。ただ、それは彼の試合のやり方だし、我々はそれに対処しなければならなかったはずだからね。我々は自分たちの攻撃性をコントロールできなかったんだ」