セレッソ大阪とユニフォームサプライヤーのPumaは1日、来シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

チームは今季の明治安田生命J1リーグとアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を並行して戦った。ACLはグループステージで敗退したが、序盤のJ1リーグは好調を維持。ところが、ロシアワールドカップに伴うリーグ中断からの再開後は調子を落とし、黒星が目立つように。結果として2018年のリーグは7位でフィニッシュとなった。

既に尹晶煥監督は今季限りでの退任が決定。本日発表となった新ユニフォームは、新監督体制の元での「新生セレッソ大阪」の象徴となるだろう。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Cerezo Osaka 2019 Puma Home

セレッソ大阪 2019 Puma ユニフォーム

NEWホームキットは伝統のセレッソピンクを基調。前面には“大阪と堺の鼓動(パルス)” を表現したグラフィックを施している。

このグラフィックは“V”の文字をモチーフとし、サポーターとともに“VICTORY(勝利)” を目指すことを表現。そしてヘザー調のカラーは、サポーターのエナジーを表す。

セレッソ大阪 2019 Puma ユニフォーム

肩スポンサーは「日本ハム」、腰スポンサーは「SINGHAビール」で継続のようだが、スポンサーに関しては変更になる可能性もあるとのこと。

セレッソ大阪 2019 Puma ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じに。パンツの色はブラックで、スポンサー「ナカバヤシ株式会社」のロゴを掲出。ソックスはピンクを基調とする。