UEFAチャンピオンズリーグのPSV戦で4試合ぶりの勝ち星を手にしたバルセロナ。今週末はリーガで16位ビジャレアルと対戦する。

そうした中、『Marca』が気になる情報を伝えていた。

ポルトガル代表DFネウソン・セメドはビジャレアル戦でバルサでの出場試合数が50に到達する見込み。これにより、バルサは509.4965万ユーロ(6.5億円)を支出することになるとか。

ネウソン・セメドは昨夏にベンフィカからバルサに完全移籍。その際、バルサで50試合プレーするごとに、ベンフィカは509.4965万ユーロを受け取るというボーナス条項が結ばれていたそう。

ベンフィカはネウソン・セメドを17歳当時フリーで獲得。バルサへの移籍金で3000万ユーロ(38.6億円)を得ているが、しっかり付帯条項も付随させていたようだ。