ブンデスリーガ第13節、ブレーメンの日本代表FW大迫勇也はバイエルン・ミュンヘン戦で今季3点目となるゴールを決めた(動画1分46秒~)。

1点をリードされた前半33分、マックス・クルーゼのクロスをどんぴしゃヘッドで合わせ、GKマヌエル・ノイアーからゴールを奪ってみせた。

これで同点としたブレーメンだったが、後半に勝ちこされて1-2で敗戦。

これで4試合勝ちなし(1分3敗)となり、クルーゼは「またしてもあまりに簡単に失点してしまった。絶対にやってはいけない。バイエルン相手に簡単に失点していれば負ける」とこぼしていた。

次節は宇佐美貴史のフォルトゥナ・デュッセルドルフとの対戦が待っている。