今季はブンデスリーガとUEFAチャンピオンズリーグを並行して戦うシャルケ04。

ユニフォームは、これまで長くパートナーシップを結んできたadidasとの関係が終わり、今季から2023年までの5年契約でUmbroのキットを使用している。

その第1弾となった2018-19シーズンのユニフォームだが、ホームキットにはちょっとした工夫が見られるものの、全体的に新サプライヤーの最初のデザインにしては、ややパンチに欠ける印象だ。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Schalke 04 2018-19 Umbro Home

シャルケ04 2018-19 Umbro ユニフォーム

クラブ史上初のUmbro製ホームキットはロイヤルブルーを基調に、前身頃にはダブル・ダイヤモンドのグラフィックをあしらう。そして炭鉱で栄えた街のチームらしく、随所に鉱山で使う道具のハンマー&ピックを描く。

シャルケ04 2018-19 Umbro ユニフォーム

囲った部分がハンマー&ピックで、数か所に描いている。こういった柔軟性のあるデザインはUmbroならではといえる。

シャルケ04 2018-19 Umbro ユニフォーム

背面はダブル・ダイヤモンドのグラフィックは無く、シンプルにブルー一色。肩にはクラブのモットー「Wir leben dich(我々はあなたと生きる)」をレタリングする。

シャルケ04 2018-19 Umbro ユニフォーム

パンツの色はホワイトで、ソックスはブルー/ホワイトのボーダー柄が復活した。