12月に入り寒さが厳しくなってきたが、プレミアリーグでは熱戦が続いている。

現在、得点ランクでトップに立つのは、アーセナルFWピエール・オーバメヤング。

今季リーグ戦で10ゴールを叩き出すなど、アーセナル加入後33試合で22得点を記録している。

アーセナルFWピエール・オーバメヤング

その活躍ぶりを宿敵トッテナムのエースFWハリー・ケインも認めたようだ。『Evening Standard』によれば、リーグ2位となる9ゴールを決めているケインはこう述べたという。

ハリー・ケイン(トッテナムFW)

「自分がプレーしてきたプレミアリーグには、世界最高のストライカーたちがいた。

今現在、オーバメヤングはトップにいるよ。

8,9ゴール(を決めている選手?)はかなり多いので、自分にとっては今やっていることを続けるのが重要になる。

シーズンはまだまだ残っている。でも、今の自分のいるところに満足しているよ」

単純に得点ランクトップにいるということかもしれないが、ライバルFWの能力を認めていたようだ。

週末にトッテナムはレスターと、アーセナルはハダーズフィールドと戦うが、得点ランクトップの入れ替わりはあるだろうか。