今年10月に不振に喘ぐ古巣モナコの監督に就任したティエリ・アンリ氏。ここまで10試合を率い、2勝2分6敗という戦績となっている。

そうした中、UEFAチャンピオンズリーグのドルトムント戦に向けた前日会見での様子が秘かに話題だ。

以下の動画だと、10分35秒~。

この日、アンリ監督とともに会見に出席したのは、DFブノワ・バディアシル。彼は今年デビューした17歳の大型CBだ。

会見を終えて席を立った2人。バディアシルが自分が座っていた椅子を直さずに去ろうとしたところ、後ろにいたアンリ監督は無言でそれを指摘していたというわけ。レジェンドにこんな冷たい目で見られたら、身も凍ってしまいそうだ…。

そのバディアシルは「トップチームに一員になれてとても嬉しい」などとコメント。なお、モナコはすでにCL敗退が決まっているため、アンリ監督は「(週末の)リヨン戦が大きな目標であることを忘れてはいない」と述べていた。