12月に入り寒さが本格化するなか、欧州サッカーシーンにも影響が出ている。

先週末、クロアチア1部リーグではウィンターブレイク前最後となる試合が行われた。だが、オシエク対インテル・ザプレシッチ戦は大雪によって延期に…。

そうした中、オシエクはピッチ上に積もった雪かきをサポーターたちにお願い。『24sata』によれば、時給25クーナ(433円)を支払うから!というものだったそう。

100人ほどのファンが集結し、3時間足らずで、ピッチは綺麗に!

一部の参加メンバーは賃金の受け取りを断り、その代わりに手術が必要な知り合いに渡すことにしたそう。すると、他の多くの参加者たちもそれに賛同したとのこと。

つまり、雪かきで得られたはずの報酬を寄付することにしたというわけ。

そうして行われた試合でオシエクは6-0で快勝!最高の形で2018年の戦いを締めくくっている。