『Daily Mail』は15日、「解説者のアラン・シアラー氏は、マンチェスター・シティのFWガブリエウ・ジェズスを絶賛した」と報じた。

土曜日に行われたエヴァートン戦で3-1と勝利したシティ。ここまでわずか1得点だったガブリエウ・ジェズスが大活躍だった。

彼は2ゴールを決める印象的なパフォーマンスを見せ、さらにラヒーム・スターリングの得点もアシスト。全てのゴールに絡んでみせた。

アラン・シアラー

「私はガブリエウ・ジェズスの大ファンだ。彼のプレースタイル、彼の攻撃が大好きだね。

彼は自分の試合をするために様々なことをやっているね。センターバックにとってとても難しいことをする。ディフェンダーは彼を憎んでいるだろう。

ゴールは素晴らしいフィニッシュと凄いランで生まれる。大きな自信を持って、ピックフォードを手玉に取った。

ピッチに入れば常にいいパフォーマンスを見せなければならない立場だ。アグエロがベンチに居るのだからね」