19日、UAEで行われている2018年度クラブワールドカップ。

準決勝ではアル・アインがリーベル・プレートをPK戦の末撃破するアップセットを起こす一方、レアル・マドリーはギャレス・ベイルのハットトリックで鹿島アントラーズに貫禄勝ちした。

アジアのチームがベスト4に2チーム勝ち残るという歴史的な準決勝の2試合を、再び映像で振り返ってみよう。

大会自体の再編が検討されているため、今回が最後になるかもしれないクラブワールドカップ。三位決定戦、決勝戦は22日に行われる予定だ。