2018年の明治安田生命J1リーグを16位で終えたジュビロ磐田。東京ヴェルディとのJ1参入プレーオフを制し、辛くも残留を決めている。

今季は負傷者が多く、苦しいシーズンを過ごした磐田。「6戦連続未勝利」を2度も経験するなど、シーズンを通して不安定な戦いぶりを披露した。だが、苦しんだ末にプレーオフという崖っぷちでチームが見せた気迫溢れるプレーは、間違いなく来季へつながるものと言える。

その磐田が21日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。サプライヤーはPumaで継続となる。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Jubilo Iwata 2019 Puma Home

J1 ジュビロ磐田 2019 Puma ユニフォーム

NEWホームキットは、伝統のサックスブルーにホワイトの差し色。前面にはデザインのコンセプトである「磐田の鼓動(パルス)」を表現したグラフィックを施している。このグラフィックは磐田市を流れる天竜川をはじめ、大井川、安倍川、富士川など静岡県内の大河を表している。

J1 ジュビロ磐田 2019 Puma ユニフォーム

ヘザー調のベースカラーで、河川の流れとサポーターのエナジーを表現。肩から袖にかけて、プーマの伝統的なアパレルフォームストリップにも、ヘザー調のサックスカラーをあしらっている。

J1 ジュビロ磐田 2019 Puma ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じに。2018年モデルと同様にパンツはホワイト、ソックスはブルーをそれぞれ基調としている。