乾貴士の古巣対決でもあったリーガ第17節ベティス対エイバル戦。ベニート・ビジャマリンでの一戦はハーフタイムにこんな光景が…。

ピッチ上に無数に転がるぬいぐるみ。これは、ベティスサポーターたちが投げ入れた物だ。

『as』などによれば、これはクラブがクリスマスチャリティの一環として企画したものだそう。ファンたちが投げ込んだぬいぐるみ類は、地元の恵まれない家庭に寄付されるという。

ベティスは「永遠に忘れない。またしても、ありがとう。あなたたちは世界最高のファンだ」と感謝のメッセージを出している。

その代わりだったのか、この日の観客たちにはクラブカラーのグリーンに彩られたサンタ帽子が配布されたとのこと。

年内最終戦でもあった試合は1-1の引き分けで終了。乾はベンチ入りしたものの出番はなかった。