いよいよ動きが活発化してきた冬の移籍市場。

リヴァプールはFWドミニク・ソランケとDFナサニエル・クラインをボーンマスに放出した。前者は完全移籍、後者はローンだ。

そうした中、カーディフのニール・ウォーノック監督の発言が話題になっている。

カーディフのニール・ウォーノック

御年70歳のベテラン指揮官は、クラインをクリスタル・パレスでプロデビューさせた人物でもある。

『WalesOnline Sport』によれば、こう明かしたという。

ニール・ウォーノック(カーディフ監督)

「我々はある選手についてほぼ合意していた。

ただ、ナサニエル・クラインについては失望している。

知っている選手であり、彼をデビューさせた。あの子だけではなく、リヴァプールについても、私に知らせてくれなかったことに失望している」