ニール・ウォーノック(カーディフ監督)

「自分は全てを正しくやり、彼ら(リヴァプール)は今週には彼は私の選手だと約束した。

(にもかかわらず、ボーンマス移籍を)テレビで見ることになるのは、私にとって恥辱だ。品格を欠いていないかね?」

「私は不正なやり方で彼を誘えばよかったかもしれないが、全てを正しくやった。

それから、ボーンマスがやってきた。

彼らはソランケに1900万ポンド(26.2億円)を支払ったことで、ちょっとばかり欲を強めたのかもね」

かつての教え子であるクラインの獲得を約束されていたにもかかわらず、反故にされてしまったと述べていたそう。あくまで彼の言い分ではあるが…。