8日にトゥールーズからバルセロナへの移籍が決定したDFジャン=クレール・トディボ。18歳のフランス人DFは、いきなり世界トップクラスのクラブに引き抜かれることとなった。

バルセロナのディレクターを務めているエリック・アビダルが彼の獲得を推進したと伝えられており、『新しいヴァラヌが来た』とも言われているという。

彼は一体どんな選手なのか?

出身地

トディボはフランスのU-20代表チームに招集されているが、生まれはフランス領ギアナの首都カイエンヌである。

9歳の時、柔道のレッスンに行く途中に車に撥ねられる事故に遭遇し、両足を複数箇所骨折するという重傷を負った。サッカーを続けられない可能性もあったというが、無事に回復。パリ北東部のセーヌ=サン=ドニにあるクラブで育成された。

2016年にマンチェスター・ユナイテッドやル・アーブルなどのクラブでテストを受けた後、トゥールーズの下部組織に入団した。

ポジション

ジャン=クレール・トディボ

トゥールーズの下部組織に入団した際のポジションはボランチで、「新しいアンドレア・ピルロ」とも呼ばれた。

U-19でともにプレーしたFWキリアン・コレドールによれば、

「彼はセンターバックでプレーできるけど、僕としてはボランチのほうが向いていると思う。ピッチ上のメトロノームだね。

ボールを配給できるし、ゴールも決められるし、決定的なパスも出せるし、本物のリーダーだ。よく話すし、ちょっとポール・ポグバみたいだね」

とのことだ。

今季トップチームにデビューしたあとはセンターバックとして10試合にスタメン出場しており、「新しいヴァラヌ」と呼ばれるようになっている。ただ、ヴァラヌはフランスでボランチとしてデビューしているため逆なのだが…。