オランダ・エールディビジのフローニンゲンは、「マンチェスター・シティからDF板倉滉を獲得した」と公式発表した。

板倉滉は1997年生まれの21歳。川崎フロンターレの下部組織で育成され、昨年はベガルタ仙台へのローンを経験している。

東京五輪を目指しているU-23代表のメンバーでもあり、昨年はAFC U-23選手権、トゥーロン国際大会、そしてアジア競技大会に出場してきた。

発表によれば、彼はマンチェスター・シティに移籍した上で、フローニンゲンに1年半のローン契約で加入したとのこと。

フローニンゲンには堂安律が所属しており、日本人選手を2名保有することになる。