2018年の明治安田生命J1リーグを5位で終えた、浦和レッドダイヤモンズ。

2018シーズンは開幕5試合を2分3敗と低迷し、堀監督は途中解任される。そして後任には大槻毅暫定監督を経て、かつて鹿島をリーグ3連覇に導いたオズワルド・オリヴェイラ氏が就任。するとチームは徐々に調子を取り戻し始め、最終的には前年の7位を上回る5位でフィニッシュとなった。

また、天皇杯は12大会ぶり7度目の優勝を遂げ、アジアチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。

その浦和が16日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Urawa Reds 2019 Nike Home

J1 浦和レッズ 2019 Nike ユニフォーム

NEWホームキットは、クラブ史上初となる垂直ストライプ柄を採用。グラフィックの特徴は“UNIFIED DIAMONDS(ダイヤモンドの融合)”で、鎖状のダイヤモンド柄のストライプで「クラブ・選手・ファン・サポーター」の絆や結束、一体感を斬新に表現している。前面裾部分にはクラブの誇り“We are REDS!”をレタリング。

J1 浦和レッズ 2019 Nike ユニフォーム

各部のスポンサーだが、胸は「POLUS(ポラス)」、鎖骨が「Enecle(堀川産業)」、左袖は「MITSUBISHI MOTORS(三菱自動車)」、背中上は「MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES(三菱重工業)」、背中下は「Shimachu Home's(島忠)」、パンツは「DHL(DHLジャパン)」となっている。

J1 浦和レッズ 2019 Nike ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、上から「レッド-ホワイト-ブラック」の伝統的なコンビネーションを継承している。