プレミアリーグ第23節、アーセナルは宿敵チェルシーとのロンドン・ダービーに2-0で勝利した。この結果、リーグ5位と4位につける両者の勝点差は3ポイントに縮まった。

ここでは『sportskeeda』による「ウナイ・エメリ監督のアーセナルに完璧にフィットするであろう5人の補強候補たち」を見てみよう。

DFコスタス・マノラス(ローマ)

コスタス・マノラス

2014年にローマに加わったギリシャ人DFは今やチームになくてはならない存在になった。ロマニスタが選ぶ「年間ベストバイ選手」にも選ばれたほどだ。

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂になったが、レッドデヴィルズは冬の補強は行わないように見える。

一方、アーセナルは昨夏の移籍期限最終日に彼の獲得にこぎ着けようとしたものの破談に終わったとも。

とはいえ、同胞であるソクラティス・パパスタソプロスを活用して、マノラスを引き抜くことができるかもしれない。

彼は小柄な選手を追走するためのスピード、屈強な選手と戦うためのフィジカルを兼ね備えている。

ガナーズの攻撃力は脅威だが、守備はいまだに不安定だ。マノラスを補強できれば、守備の問題を解決して優勝に近づけるかもしれない。