アジアカップ準決勝、日本代表はイランを3-0で撃破して決勝進出を決めた。 この一戦ではイランFWサルダル・アズムンの荒れた振る舞いが物議を醸すことに。

そうしたなか、日本代表DF長友佑都はイラン選手とのこんなエピソードを明かしていた。

長友佑都

「終了間際の乱闘は腹立ったけど、さっきエレベーターでイランの選手と一緒になり、昨日はごめんねって謝ってきた。

自分も挑発したから謝った。熱くなってたものがすっと消えた。

ピッチ上は国を背負いプライドがぶつかり合う。

ピッチ外では同じ人間で仲間だ。

スポーツの素晴らしさを感じた瞬間。」

試合翌日にばったり会ったイラン代表選手とお互いに謝ったそう。

このツイートはペルシャ語のメディアでもしっかり伝えられている。

長友は試合中にアズムンと言い合う場面もあったことから、ごめんねと言った相手はアズムンだと伝えるメディアも。

長友vsアズムン

また、「アズムン」がツイッターのトレンド入りしたことについても現地で報じられている。