ミランへのローンが打ち切りになり、チェルシーへ再ローンされたゴンサロ・イグアイン。

恩師であるマウリツィオ・サッリ監督のもとで輝きを取り戻すことが出来るのか。

『uefa.com』では、そのイグアインをあらためて特集していた。輝かしいキャリアや同僚や監督たちからの高い評価、そしてこれまでの発言などを取り上げている。

なかには、あのケチャップ論も…。

ゴンサロ・イグアイン

「ファン・ニステルローイが僕によく言っていたように、ゴールはケチャップみたいなものさ。

無理やりすぎると、出てこない。

でも、出てくる時には一気に全部出てくるんだ」

レアル・マドリー時代に同僚だったルート・ファン・ニステルローイから教えられたという「ゴールはケチャップ」理論。

ファン・ニステルローイとイグアイン

プレミアリーグの舞台でケチャどば状態になれるのか。そのプレーぶりに注目だ。