今冬のマーケットでボルシア・ドルトムントを離れ、ローンでトルコのベシクタシュに移籍することとなった香川真司。

ドイツではほとんど出場できない状況となっており、日本代表からも離れていたことから、試合勘を取り戻すまで時間がかかるかも…とも言われていた。

しかしそんなことは香川真司にとって問題ではなかったようだ。アンタルヤスポル戦で途中出場した彼は、なんとファーストプレーでネットを揺らす!

本人も「信じられない」といった表情。しかもさらにその2分後には、遠目の位置から直接フリーキックをゴール右隅に流し込む!

デビューからわずか3分で2ゴールという衝撃的なスタートを切った香川真司。これが大復活の狼煙となるか?夏に行われるコパ・アメリカに向けても、彼の活躍には期待したいところだ。