アジアカップでの激闘を終え、約1か月ぶりにマルセイユへ復帰した日本代表DF酒井宏樹。

5日のボルドー戦ではいきなり先発フル出場を果たし、1-0での勝利に貢献することに。酒井が不在の間リーグ5戦1勝と低調であったチームに貴重な勝点3をもたらした。

7日にはディジョン戦の前日会見に臨んだが、自身が不在中にニースから加入した元イタリア代表マリオ・バロテッリについて言及した。

「マリオは僕が(帰って)来た初日に話しかけてくれましたし、たぶん皆さんが思っているより数段優しい選手だと思うので…。

関係性は個人的には上手くいっていると思いますし、これからピッチでどんどん合わせていきたい」

バロテッリといえば、何かと周囲を騒がせることから“悪童”などと呼ばれている。

しかし酒井はそんな悪評を認識したうえで「皆さんが思っているより数段優しい選手」と話し、もう打ち解けていることを明かした。