ブラジルの名門フラメンゴのユース施設で発生した火災事故。これまでに10名が死亡し、3名が負傷したと伝えられる。

この悲劇的な一報に反応したのが、先日、バルセロナとのクラシコ(国王杯)で躍動したレアル・マドリーのFWヴィニシウス・ジュニオール。

ブラジル人の彼は5歳の頃に地元フラメンゴの下部組織に入り、マドリーへ移籍する2018年までを同クラブで過ごしている。

そんなマドリーでも存在感を見せ始めている18歳は、自身のSNSに犠牲者への追悼の言葉を述べた。

「なんて悲しい知らせ! 皆のために祈りましょう!がんばれ、がんばれ、がんばれ(涙)」
「僕がフラメンゴで過ごした昼夜を思い出して震えています。まだ信じられませんが、全ての人のために祈ります!神が一人一人の家族を祝福してくださいますように!」