ナントからカーディフへの移籍が決まった直後、乗った飛行機とともに消息不明となったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ。

一旦は捜索が打ち切られたものの、クラウドファンディングによって再開されると、海中から彼の遺体と飛行機の残骸が見つかった。

ただ、パイロットのデイヴィット・アイボットソン氏はまだ発見されていない。

そうしたなか、金曜日に彼の家族は『GoFundMe』上にクラウドファンディングのページを立ち上げた。 

「David Ibbotson Please Help Bring him home」として、30万ユーロ(3731万円)を募っており、ギャリー・リネカー氏が1000ユーロ(12.4万円)を寄付するなど、すでに10万ユーロ(1243万円)以上が集まっている。

現在までのところ、最も高額な寄付は2.7万ユーロ(335万円)。アカウント名は、Elie Lottinとされているが、これはPSGのフランス代表FWキリアン・エムバペのものだ。

エムバペはサラ捜索の際のクラウドファンディングでも300万円以上を寄付している。