ヴェルダー・ブレーメンは「日本代表FW大迫勇也が日曜日に行われるアウクスブルク戦を欠場する」と公式発表した。

先日まで行われていたアジアカップ2019では日本代表の一員として決勝までを戦い、カタールに敗れたものの準優勝に輝いた大迫勇也。

しかし大会中には臀部の怪我に苦しんでおり、出場時間が限られる状況でもあった。

そしてクラブチームに戻ったあともその後遺症に悩まされており、腱の痛みを現在抱えている状況にあるとのこと。

そして土曜日に行われたアウクスブルク戦に向けての最終的なトレーニングも不参加となり、試合に帯同しないことが決定したという。