大迫勇也が所属する古豪ヴェルダー・ブレーメン。1899年2月4日に誕生したクラブは先日、創設から120周年を迎えた。

それを記念してクラブとサプライヤーのUmbroは7日、120周年記念のユニフォームを発表。大胆なデザインが話題のこのキットは、10日にホームのヴェーザーシュタディオンで行われるアウクスブルク戦で着用する。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Werder Bremen 2018-19 Umbro '120 Years Anniversary'

ヴェルダー・ブレーメン 2018-19 Umbro 120周年記念 ユニフォーム

記念すべき120周年記念キットは、いくつものパーツを縫い合わせたマッシュアップジャージに。各パーツにはスローガンなど、クラブに関するワードがプリントされている。濃淡のグリーンは過去のユニフォームに使われた色で、ブレーメンの歴史そのもの。

ヴェルダー・ブレーメン 2018-19 Umbro 120周年記念 ユニフォーム

このようにパーツを複雑に組み合せるユニフォームとしては、デンマーク代表が2018年に一夜限りで着用したパッチワークユニフォームがある。