『BBC』など各メディアは、「元イングランド代表GKゴードン・バンクス氏が死去した」と報じた。

ゴードン・バンクス氏は1937年生まれの享年81歳。イングランド代表で73試合に出場した名ゴールキーパーで、1966年のワールドカップでは同国初の優勝を果たした経験を持っている。

1970年のワールドカップではあのペレの決定的なヘディングを超人的な反応で弾き、サッカーの歴史上でも最高のセービングと言われるプレーを残している。

1999年には20世紀の偉大なGKランキングで2位、20世紀の偉大なサッカー選手ランキングで32位に選出されるなど、サッカーの歴史上でも伝説的な選手である。

現役生活晩年の1972年に自動車事故で目を負傷し、その後現役引退。その後アメリカで復帰したが、1978年に再びスパイクを脱いだ。

指導者としてテルフォード・ユナイテッドを率いた経験もあるが、ピッチを離れてからは会社経営などに手を出していたものの、それほど成功はしていなかったという。

2015年からは腎臓がんの治療を受けていることが伝えられており、12日に病状が悪化して亡くなったとのことだ。