『Mirror』は11日、「ピーター・シュマイケルは、息子カスパーにレスターを退団することを勧めた」と報じた。

直近の公式戦6試合で5敗しており、不調に陥っているレスター。クロード・ピュエル監督はその守備的な戦術、さらに結果が出ないことでも大きな批判を受けている。

守護神を務めているカスパー・シュマイケルの父親であるピーターは以下のように話し、いい選手の能力を生かせる監督がいないと指摘。息子には欧州の他のチームへ移籍することを検討するよう促したという。

ピーター・シュマイケル

「レスターにはいい選手がいる。しかし、その選手たちから最高の力を引き出せる監督がいない。

あるときそれがすべて整理されたら…これがどんな意味を持つ話なのかは皆さんの解釈に任せるが、レスターは5~8位に入れるだろう。

もちろん、カスパー(息子)も他の選手と同じように挑戦したがっている。しかし、彼はヨーロッパ全体を見ているとは思わない。

息子はイングランドを愛しすぎていると思うよ。プレミアリーグを愛しすぎている。それは難しいことになる可能性があるよ」