2015-16シーズンに奇跡のプレミアリーグ優勝を成し遂げたレスター・シティ。

2010年にクラブを買収した功労者であるオーナーのヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が墜落事故によって亡くなった。

ここでは、『sportskeeda』による「スリヴァッダナプラバ氏についてレスターファンが忘れない5つのこと」を見てみたい。

ジェイミー・ヴァーディの契約問題を解決

ジェイミー・ヴァーディの契約問題を解決

2016年夏、アーセン・ヴェンゲル監督率いるアーセナルから関心を寄せられていたヴァーディ。この快足FWは24ゴールを決めて、チームを歴史的優勝に導いていた。

アーセナルは契約延長を保留していたヴァーディの状況を利用し、2200万ポンドに設定されていたリリース条項を画策。

ヴィチャイはスタジアム内の個室で自分と会ってくれないかとヴァーディに頼んだ。そして、クラブの財政状況とチーム内での彼の重要度を説いた。結果、ヴァーディと代理人は残留に合意して契約を延長。

また、同じ年に行われたヴァーディの結婚式にヴィチャイは出席している。このオーナーは選手たちと近い関係を築き、それはクラブの推進力になっていた。