14日に行われたヨーロッパリーグのベスト32・1stレグのBATEボリソフ対アーセナルは、意外な結果となった。

有利だと考えられていたアーセナルは、ボールを保持して攻め続けるもなかなかゴールを奪うことができず。

逆に45分にはセットプレーからスタニスタフ・ドラグンに強烈なヘディングでゴールを決められてしまう。

さらに、ビハインドのままで迎えた85分にはアレクサンドル・ラカゼットが肘打ちをしたと判定され、レッドカードで退場となってしまったのだ。

アレクサンドル・ラカゼット アーセナル

このまま1-0で敗れたアーセナルは、黒星を喫しただけではなく、2ndレグでラカゼットを起用できないというハンデまで背負うことになった。

【関連記事】チェルシー、衝撃の6失点…キャラガー「アーセナルみたいに弱い」

ウナイ・エメリ監督に対する風当たりが強くなってきている現在、もしヨーロッパリーグでBATEに屈することがあれば解任論も吹き荒れることになりそうだ。