『Mirror』は4日、「解説者のジェイミー・キャラガー氏は、リヒトシュタイナーとムスタフィを酷評した」と報じた。

先週末に行われたマンチェスター・シティ戦で1-3で敗れ、6位に転落することになったアーセナル。すでに今季6敗目を喫しており、チャンピオンズリーグ出場権獲得が難しくなってきた。

『Sky』で解説者を務めているジェイミー・キャラガーは以下のように話し、リヒトシュタイナーとムスタフィはレベルが高くないと指摘したという。

ジェイミー・キャラガー

「リヒトシュタイナーは十分ではないね。おそらく、それは年齢のせいであるとも言えるだろうね。

しかし、彼の隣でプレーしているシュコドラン・ムスタフィは、アーセナルにやってきてから一度も十分良かったことがない。そして、それがあらゆる失点につながっている理由である。

アーセナルがこのようなディフェンスをするのを見るたび、ウナイ・エメリがするべき大きな仕事があると感じるね」