ジョゼ・モウリーニョ監督の解任に踏み切ったマンチェスター・ユナイテッド。オレ・グンナー・スールシャール氏を今季末までの暫定監督に指名した。

来季以降の新指揮官候補には、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督の名前も挙がっている。

そうした中、元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は、『Telegraph』のコラムでこう持論を展開した。

ジェイミー・キャラガー
ジェイミー・キャラガー

「マンチェスター・ユナイテッドはいつだってトッテナムよりビッグだ。

ポチェッティーノはオールド・トラッフォードに向かうためにスパーズを去らなければいけない」

「もしポチェッティーノがユナイテッドの仕事をオファーされたなら、彼はそれを掴まなければいけない。

トッテナムサポーターたちにとっては受け入れがたいだろう。

彼らにとっては嘆かわしいことだが、より強いプレミアリーグのライバルの餌食になることは不可避だ」