『FourFourTwo』は29日、「評論家のジェイミー・キャラガー氏は、パリ・サンジェルマンの戦術を批判した」と報じた。

28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節で、リヴァプールはパリ・サンジェルマンに1-2と敗北した。

しかし試合後、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督はパリ・サンジェルマンの戦術を批判。わざと倒れて試合を止めるプレーが多すぎるとして、あまりに挑発的だと苦言を呈した。

そして元リヴァプールの解説者ジェイミー・キャラガーは以下のように話し、パリ・サンジェルマンの選手は恥ずかしいと思うべきだと指摘したという。

ジェイミー・キャラガー

「ネイマールを見てとてもイライラしていたよ。前半の段階でもね。我々は彼のことを世界最高の選手だと話すが、見ていると恥ずかしいよ。

こんなことをキャリアを通して続けるようなら、彼は偉大な選手という印象よりも、違ったカテゴリで記憶されることだろう。

苦々しい感覚が残っている。クロップが彼らに不満を述べているが、私はパリ・サンジェルマンの選手に同情できないね。理解できる話だよ。

チアゴ・シウヴァはキャプテンなのに、コーナーキックで顔を抑えて倒れて転がるような男だ。

パリ・サンジェルマンは偉大なチームだよ。偉大な選手がいる。戦術を変える必要はない。しかしサッカーが話題になるようなチームになるべきだ。

彼らは恥ずかしく思うべきだよ。あんなプレーで試合を終えて、ラウンジに戻って、家族や妻や子供とどんな話ができるんだろうか?

床を転がっているのを見れば、まるで幼稚園で遊んでいる子供のようじゃないか」