今夏のコパ・アメリカに招待された日本代表は、20年ぶりに南米での戦いに挑むことになる。

【関連記事】「日本代表、コパ・アメリカまでに絶対に試すべき5名」

時に常軌を逸した熱さに達する南米サッカー。アルゼンチン1部リーグ第19節、ボカ対ラヌース戦ではこんな出来事があった。

首筋にひどいミミズ腫れができていたのは、ラヌースのMFトマス・ベルモンテ(20歳)。

ボカFWクリスティアン・パボンのスパイクで首をひっかかれるような形になり、こんなことになってしまったのだ。

『TyC Sports』などによれば、ベルモンテはこの直後の主審とのやり取りをこう明かしたという。

トマス・ベルモンテ(ラヌースMF)

「レフェリーに不満を言ったら、彼からはこう言われたよ。

『君は子供なんだから、唯一無二であるボンボネーラでのプレーを楽しめ』って」

パボンのプレーはハイボールに足を高く上げたもので、故意的に首を蹴ったわけではなかった。

そのためカードは提示されなかったのだが、それを抗議したところ、こんな言葉を主審からかけられたそう。主審にいなされた形だろうか…。

なお、試合は2-1でボカが勝利しており、ベルモンテは73分で交代になっている。