『Liverpool Echo』は20日、「リヴァプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、バイエルン戦の最中に泥棒被害を受けていた」と報じた。

リヴァプールは19日にUEFAチャンピオンズリーグ・ベスト16の1stレグでバイエルン・ミュンヘンと戦い、0-0で引き分けた。

そしてこの試合が行われていた頃、火曜日の午後6時から11時45分ごろの間にサディオ・マネの自宅に泥棒が侵入していたそうだ。

家に戻ったマネは警察に通報を行い、捜査の結果時計、携帯電話、車の鍵などが盗まれていることが判明したとのこと。

幸いにして当時マネの自宅は無人であったことから、身体的な被害を受けた者はいなかった。

なお、まだ犯人は見つかっていない。警察の発表によれば、「時計がかなり金銭的な価値がある」とのことで、買い取りをしている業者に注意を促しているそう。

リヴァプールでは2017年11月にもデヤン・ロヴレンがマリボール戦の途中で泥棒の被害に遭っていた。