2019シーズンのJ1において、最も期待される選手の一人が鹿島アントラーズの安部裕葵だろう。

プロ2年目となった昨年「ベストヤングプレーヤー賞」に輝き鹿島のACL初制覇にも寄与した20歳は、今年新たに背番号10をまとい川崎フロンターレの3連覇阻止に全力を尽くす。

その彼が昨年のJリーグで披露した素晴らしいプレーを見ていこう。

動画では「30番」を付けているのが安部だ。

年代別の代表でもある彼は5月にU-20ワールドカップを控えるが、今夏ブラジルで開催されるコパ・アメリカへの招集も期待したいところだろう。

【関連記事】J1、今冬の国内移籍が「大成功」しそうな5名の選手

エデン・アザール(チェルシー)に憧れる彼は海外志向も強く、日本にいつまで留まるかどうかは分からない。Jリーグでプレーする彼の姿を是非、DAZNで、スタジアムで、目に焼き付けておきたい。