2019年のJ1リーグがついに開幕する。

外国人枠が拡大された今年は新たに日本へやってきた外国籍選手の実力が気になるところであるが、一方、国内でも大きな移籍があった。

【関連記事】大物ずらり!Jリーグでプレーする世界的な外国人10名

今回は、今冬に国内移籍した選手の中から特に注目したい5名の選手を特集してみよう。

エウシーニョ(清水エスパルス)

エウシーニョ

川崎フロンターレでリーグ連覇に貢献し、2年連続でベストイレブンを獲得した“J最強のサイドバック”が次の活躍の場に選んだのは清水エスパルスだった。

川崎退団が決まってからは名古屋グランパスをはじめ、中東やブラジル方面からも獲得の動きがあったようだが、清水の熱意がそれらを上回った。

「超攻撃的サイドバック」と評され、自らゴールを奪う力を持つ。また、ドウグラスと北川航也の2トップはいずれもクロスに合わせる形を得意としているため、エウシーニョの攻め上がりからのセンタリングは有効な得点パターンになることが予想される。

一列前で起用するプランもあり、その際は新しい一面が見られそうだ。