今夏、日本代表も招待されているコパ・アメリカ。開催国であるブラジルは3月にパナマ、チェコとの親善試合を戦う。

来週木曜日には招集メンバーが発表される見込みだが、今回は骨折で離脱中のネイマールが不在となる。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカまでに絶対に試すべき5名

そうした中、チッチ代表監督のアシスタントであるクレベール・シャヴィエル氏が招集される選手を示唆したという。『Globo』によれば、同氏は出演した『Footure Futeboleiros』において明かしたそう。

真っ先に言及されたのは、ミランMFルーカス・パケタ。

ミランMFルーカス・パケタ

今冬にセリエAに移籍した21歳の新星は、あのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も高く評価している。 また、ネイマールもその才能を買っており、PSGへの移籍を勧誘していたとも伝えられている。

首脳陣としては、パケタをネイマールの近くでプレーさせたいというプランもあるとか。

そして、ネイマールが不在となる左サイドには、ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)、ダヴィド・ネレス(アヤックス)、エヴェルトン(グレミオ)、リシャルリソン(エヴァートン)らを起用する可能性があるとも。

ダヴィド・ネレス(アヤックス)

本大会前最後の招集となるだけに、その面子に注目が集まりそうだ。なお、ブラジルはグループAでボリビア、ベネズエラ、ペルーと戦う。