『Sportskeeda』は5日、「現在のサッカー界で最も優れたセンターバックTOP5」という記事を掲載した。

サッカーにおいて常にスポットライトを浴びるのはゴールを決めるストライカーであるが、チームの勝利には優れたセンターバックが欠かせない。

そんな影の立役者の中で、今最も能力に恵まれている5名の選手とは誰なのか?

5位:マルキーニョス(PSG)

マルキーニョス

現在PSGでプレーしているブラジル人DFのマルキーニョスを選出した。この24歳の選手は右サイドもこなすし、ボランチもやるが、多くの時間はチアゴ・シウヴァのパートナーとしてセンターバックを務める。

PSGは今季のリーグアンで26試合を戦い、15失点しかしていない。最終ラインの安定性を保ちながら、マルキーニョスは3ゴールを決めている。

ダヴィド・ルイスがチェルシーへと復帰してからセンターバックとしての役割をより多くこなすことになったが、それはPSGにとって有益なものになった。敏捷性とスピードを活かし、身体能力が高いフランスリーグのアタッカー陣にも後れを取ることはない。