UEFAチャンピオンズリーグ、ユヴェントスはアトレティコ・マドリーを逆転で下して準々決勝進出を決めた。

1stレグに0-2で敗れていたユーヴェだったが、ホームでの2ndレグに3-0で勝利。全得点を叩き出したのは、クリスティアーノ・ロナウドだった。

試合前に『Marca』は「ロナウドはアトレティコ撃破のために自分がハットトリックを決めると信じている」と報じていた。

とにかく、この試合でのリベンジに懸けていたというロナウド。家族や近しい友人たちに「ユーヴェは突破する。自分がハットトリックをする」と何度も語っていたという。

【関連記事】 この10年で生まれた『NEXTロナウド』11名、今どうしているか

これが事実だとすれば、ありえないようなことを本当にやってのけたということになる…。