リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは14日、「ポルトからブラジル代表DFエデル・ミリタオンを獲得することが決定した」と発表した。

契約期間は来季のスタートから2025年6月31日までの6年間。移籍金については公表されていないが、メディアでは契約解除条項満額に相当する5000万ユーロ(およそ64.3億円)になったと伝えられている。

エデル・ガブリエウ・ミリタオンは1998年生まれの21歳。名門サンパウロのユースで育ったディフェンダーで、今季開幕前にポルトへと移籍していた。

【関連記事】次世代のブラジル代表を担うであろう5名の「宝石」

欧州でのプレー初年度ながらセンターバックとサイドバックで継続的に出場を重ね、レギュラーの座を確固たるものに。ブラジルのフル代表にも選ばれるなど、期待のDFとして評価を高めていた。