ついにリオネル・メッシが代表に復帰したアルゼンチン。だが、ベネズエラとの親善試合に1-3で敗れてしまった。

『Marca』によれば、この試合を見たかと聞かれたディエゴ・マラドーナはこう答えたそう。

ディエゴ・マラドーナ

「いいや、俺はホラー映画は見ない。

いまだに代表チームを統治している無能な人間たちは、自分たちがベネズエラを打ち破ると思っていたのか?

そう考えていた愚か者は誰だったのか?ベネズエラは訓練されたいいチームだ。

アルゼンチンはドアからでさえなく窓から入った。彼らはいつも人々を裏切り嘘をついているからだ。

なのでアルゼンチンは試合に勝てないだろう、残念だがね」

「このチームは代表ユニフォームにふさわしくない。

彼らは手がかりを持っていない。

嘘つきたちを信じ続けているアルゼンチンの人々を気の毒に思う。我慢を強いられている選手たちのことも気の毒に思う」

【関連記事】「NEXTマラドーナと期待された10人とその評価」

現在の代表チームの統治体制に不満を抱いているようだ。