『HLN』は26日、「中国超級リーグの大連一方に所属しているベルギー代表FWヤニック・フェレイラ・カラスコは、欧州に復帰したいと公言した」と報じた。

2018年2月にアトレティコ・マドリーを離れて中国に移籍したカラスコ。ワールドカップ出場を目指すという意味で、プレー時間を増やすことが狙いだと宣言していた。

そのとおりワールドカップには出場することができたものの、今回のインターナショナルマッチデーでは招集されず。

そして彼は今年1月に欧州へと戻ることを考えていたが、クラブの事情によって中国にとどまらなければならなかったとのこと。

ヤニック・フェレイラ・カラスコ

「僕はヨーロッパに戻りたいんだ。冬には多くのクラブが関心を抱いてくれていたしね。

我々は大連一方を去ることができるように解決策を見出そうとした。しかし、僕はクラブの立場も理解している。彼らは僕に留まってほしかった」

「ただ明確にしておきたいのは、僕はまだ中国で気分はいいということだ。代表チームから外れたこと?あのようなチームでは起こるものだ。

競争が激しい場所だから、プレーできない時間も常に来る可能性がある」

【関連記事】中国からヨーロッパに帰るべき5人の選手

カラスコに対しては、イングランドのアーセナル、イタリアのミランとインテルが強い関心を持っていると言われている。今夏のマーケットではどうなるだろうか…。