『L'Equipe』は27日、「ガラタサライのU-14チームで選手が故意にペナルティキックを外すプレーがあった」と報じた。

トルコの14歳以下のクラブが参加して行われるU-14ディベロップメントリーグ第24節でイスタンブールスポルと対戦したガラタサライ。

チームのキャプテンを務めているベキラズ・アルマズベコフは、左サイドからのドリブル突破でペナルティキックを獲得するも…。

そのプレーはファウルではなかったと考えていたアルマズベコフは、審判に対して「ペナルティキックではない」と説明したそう。

しかしそれが受け入れられなかったことから、自らそのペナルティキックを右に外し、得点を奪うことを拒否したのだ。

ガラタサライはこのプレーを「模範的なフェアプレーだ」と高く評価し、FacebookやYoutubeで紹介。多くの話題を集めている。

【関連記事】W杯「フェアプレーポイント」以外の順位決定方法、8つの提案

ベキラズ・アルマズベコフは2005年生まれの13歳。キルギス出身の左ウイングで、豊かな体格と技術、スピードを兼ね備えている選手だそうだ。