『Mediaset』は27日、「グレミオのブラジル代表FWエヴェルトンは、ミランからの関心を喜んだ」と報じた。

エヴェルトン・ソウザ・ソアレスは1996年生まれの23歳。フォルタレーザから2012年にグレミオへと移籍し、若くしてデビューを飾ったウイングである。

『NEXTネイマール』とも呼ばれていたことがある彼は、かつてマンチェスター・シティへの移籍が噂されたこともある選手であり、昨年ブラジル代表にもデビューしている。

そして彼は先日からACミランに注目されていると言われており、特にディレクターのレオナルド氏が関心を強く持っているそうだ。

エヴェルトンはその件について以下のように話し、友人であるルーカス・パケタと一緒にプレーしたいと語ったそう。

【関連記事】次世代のブラジル代表を担うであろう5名の「宝石」

エヴェルトン

「僕はミランから関心を持たれていることにとても満足しているよ。

ミランはヨーロッパの巨大なチームだ。僕は物事がどのようにうまく進むかを見ていくよ。ともかく、素晴らしいチームなのでとても嬉しい。

どうしてパケタとチームメイトになってはいけないのか?彼とはよく冗談を言い合っているよ。うまく行けば同僚になれるねと話している」