優勝争いも残留争いも佳境になってきたプレミアリーグ。

各チームで消化試合数は異なるが、直近の順位(上位10チーム)はこうなった。

上位6チームと7位以下のチームの勝点差は大きく離れている。残り試合数と勝点差を考慮すると、7位以下が6位以上に食い込める可能性は消滅。

今季もリヴァプール、マンチェスター・シティ、トッテナム、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドのTOP6が上位を占めることなった。

ちなみに、昨季の1位~6位はシティ、ユナイテッド、トッテナム、リヴァプール、チェルシー、アーセナルという並び。

今季の優勝は2チームに絞られたが、CL圏内入りをかけた争いは熾烈。

【関連記事】 プレミアリーグ、いま最も過小評価されている6名の選手たち

今週末にはシティ対スパーズ、それ以降にもマンチェスター・ダービー、ユナイテッド対チェルシーなどが残されており、楽しみは続きそうだ。