『Daily Mail』は24日、「マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードは、嵐によって屋根が壊れた」と報じた。

マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティのダービーマッチが行われる数時間前、街は突然激しい豪雨に襲われたとのこと。

すでに多くのファンが会場のオールド・トラッフォードに駆けつけていたが、周辺は大混乱に陥ったそうだ。

そして、それだけでは済まなかったようだ。オールド・トラッフォードの屋根の一部が悪天候のために破壊され、スタンドに滝のように水が流れ込んできたとのことで…。

【関連記事】Qoly編集部が好きなJクラブのスタジアム

幸いにして天候はその後回復し、オールド・トラッフォードの滝も消滅。試合は行われたのだが、当該の席に座ることになったファンはどうなったのだろうか…。