シーズン最終盤に入り、佳境を迎えている2018-19シーズンのプレミアリーグ。

現在、上位陣の勝点はこのようなものになっている。

1位 リヴァプール:勝点91(36試合)

2位 マンチェスター・シティ:同89(35試合)

3位 トッテナム:同70(36試合)

4位 チェルシー:同67(35試合)

5位 アーセナル:同66(35試合)

6位 マンチェスター・ユナイテッド:同64(35試合)

リヴァプールとシティの2強が完全に抜けており、3位以下との勝点差は20ポイントほどもある。

Optaによれば、今季プレミアリーグの全勝点のうち、2強だけで17.9パーセントもの割合を占めているという。『New York Times』によると、このようなリーグでの“支配ぶり”は1890年代後半以来なかったことだそう。

2強があまりにも突出している今季はおよそ130年ぶりの“異変”ともいえるようだ。

最後に、2強の残り試合を抑えておこう。シティはバーンリー、レスター、ブライトンと対戦。リヴァプールの相手はニューカッスルとウォルヴァーハンプトン。

【関連記事】プレミアリーグ史上最高の25選手

最終節まで見逃せない戦いが続きそうだ。